クレイグ・ライト、サトシの主張を巡る裁判で自分たちの研究を検証できない「専門家」を非難

  • ビットコインを発明したというクレイグ・ライト氏の主張が真実かどうかを決定する可能性がある裁判でのクレイグ・ライト氏の反対尋問は火曜日も続いた。
  • ライト氏は、有効な暗号学的証拠を提出できなかった理由を尋ねられ、秘密鍵の所有は自分がサトシであることを証明するものではないが、彼の知識と業績は証明できると主張した。

クレイグ・ライト氏は火曜日、ビットコインを発明したという同氏の主張に疑問を呈する裁判で反対尋問に直面した際、「自分たちの研究を検証できない」「専門家」を激しく非難した。仮想通貨業界は長年、その主張を検証できていないとして同氏を非難してきた。

「それは嫌だ。大嫌いだ」ライト被告は情熱的な暴言を続けたが、ジェイムズ・メラー裁判長が介入し、「うなずいて首を振っていた」「後列の女性」に「じっとしていて」、さもなければ危険を冒すかを尋ねた。除去。

暗号オープン特許同盟(COPA)の弁護士が、ビットコインの仮名発明者サトシ・ナカモトであることをライト氏が弁護するのに重要な文書やその他の資料を調査している間、オーストラリアのコンピュータ科学者が証言台で6日目を迎える中、状況は緊迫したものとなった。

火曜日、彼は専門家がでっち上げであると宣言した、自分がサトシであることを証明するために暗号で署名したとされる公開ブログ投稿について再び尋問された。質問の 1 つは、ライトが使用した鍵がサトシ以外の誰かによって取得される可能性があるため、「署名セッション」が無効になるのではないかということでした。 (「そんなことはない」とライトは答えた)

彼は、鍵の「所有」によって「身元」、つまり彼がサトシであることを証明することはできないと主張した。 「何かを所有することでアイデンティティを証明するのではありません。知識によって証明します。自分が誰であるか、何を創造するかによって証明します」とライト氏は語った。

COPAの弁護士ジョナサン・ハフから、自分がサトシであることを証明するために予定通り「署名付きメッセージ」を作成すれば、問題の秘密鍵が他人に解かれるというセキュリティ上のリスクは生じなかったであろうことに同意するよう求められたとき、ライト氏は次のように述べた。私の作品の安全性が損なわれ、私が作成したすべての価値が損なわれてしまいます。鍵が盗まれるわけではありません。」

反対尋問はさらに丸一日続き、メラー氏は質問に答えなければ、答えがないと「思い込む」ことになるとライト氏に警告するなど、何度か介入した。

COPAは、以前の訴訟で提供されたライトの証拠と証言の不規則性を指摘しようとした。ある例では、デイブ・クライマン(ライト自身が以前ビットコイン発明の鍵を握っていると言ったが、月曜日にその主張に異議を唱えた)がライトの会社チューリップ・トレーディングの管財人であるかどうかについて、ライトが話を変えた。

ライト被告は水曜日に再度証言し、その後、弁護側の専門証人が証言台に立つ可能性がある。裁判はさらに数週間続く。

2024-02-13 22:12