ゲームブロックチェーンのOasysが韓国のゲーム開発会社Com2uSと提携

先駆的な韓国のゲーム開発者は、Oasys プルーフ オブ ステーク (PoS) プラットフォーム上で第 2 層ソリューション XPLA Verse を立ち上げる準備ができています。

Com2uSとOasysのパートナーシップがスタート

ゲーム中心のブロックチェーン Oasys は、数十のトップ ゲーム タイトルを開発している韓国の大手ゲーム開発会社 Com2uS との提携を発表しました。両社は、GameFi セグメントにおける最もホットなユースケースとオンチェーン ゲームの L1/L2 統合に協力していきます。

#Oasys @Com2uS @XPLA_Official

— Oasys |ゲーム用ブロックチェーン (@oasys_games) 2024 年 2 月 13 日

Com2uS の完全子会社 XPLA も、Com2uS の初の拡張として、ネイティブの第 2 層 XPLA Verse を開発します。

韓国で初めてモバイルゲームを開発したゲームスタジオ兼出版社である Com2uS は、すでに Oasys ブロックチェーン上で確立された検証者としての役割を果たしています。

オアシスの事業開発責任者兼韓国責任者ドミニク・チャン氏は、自社のビジョンと価値観が新しいパートナーのビジョンと価値観とよく一致していると強調した。

私たちは、Oasys エコシステムへの Com2uS と XPLA の拡大を歓迎することに興奮しています。 Oasys の中核となる価値は、Oasys がゲームに焦点を当てたブロックチェーンとしてゲーム会社に最も関連性の高いソリューションを提供するブロックチェーンとして機能するというビジョンから来ており、私たちはまた、私たちの協力がプレイヤーに革新的なゲーム体験をもたらすものと非常に自信を持っています。十分に値するものです。

新しいハイブリッド Oasys ベースの製品は、Oasys の最先端のインフラストラクチャを利用して、最も準拠した方法で Web3 プレーヤーに強化されたゲーム エクスペリエンスを提供するように設定されています。

『ウォーキング・デッド: オールスターズ』が他の AAA タイトルとともに Oasys に登場

XPLAのチームリーダーであるポール・キム氏は、日本市場の拡大が新しいパートナーシップの中核的な焦点の1つであると付け加えた。

Oasys との提携により、XPLA は世界第 3 位のゲーム市場である日本に大きく進出します。今年上半期内に世界的に認知された IP をベースにした 2 つの主要な Web3 ゲームをリリースする予定で、5,500 万人の日本のゲーマー コミュニティを獲得することを目指しています。

Com2uS は、技術統合と L2 の立ち上げに加えて、パートナーシップに従って、サマナーズ ウォー: クロニクルやウォーキング デッド: オールスターズなどのプレミアム IP を Oasys ネットワークに導入する予定です。

両タイトルは Oasys ブロックチェーン上の XPLA Verse でプレイ可能となり、世界のさまざまな地域のより幅広い視聴者がアクセスできるようになることが期待されます。

2024-02-13 18:07