リップル、革新的な取引を発表

サンフランシスコを拠点とするブロックチェーン企業リップルは、デジタル資産に特化した規制プラットフォームであるスタンダード・カストディの買収を正式に発表した。

この買収は、製品範囲を強化し、新しい市場に参入することを目指しながら、規制基準を遵守するリップルの広範な戦略の一環です。

この動きは、ブロックチェーンと暗号通貨の制度的導入の傾向が高まっていることを示しています。

この契約を通じて、リップルは規制ライセンスのコレクションを拡大することを目指しており、これにはすでにニューヨークのビットライセンスと米国約40の州にわたる送金ライセンスが含まれている。

規制の遵守と拡大

Standard Custodyの買収により、リップルはポートフォリオに一連の規制ライセンスを追加し、急速に進化するデジタル資産環境におけるコンプライアンスへの重点を強調する予定です。

この戦略的な動きは、安全でコンプライアンスに準拠し、さまざまな金融取引を容易にすることができる機関レベルのブロックチェーンおよび暗号通貨ソリューションに対するニーズの高まりをサポートすることを目的としています。

Standard Custodyのライセンスをリップルの規制枠組みに統合することは、市場における同社の地位を強化し、トークン化、保管、価値移転サービスを提供する能力を強化することを目的としています。

その他の最近の買収

リップルの成長へのアプローチには、メタコやフォートレス・トラストの買収などの一連の戦略的買収が含まれており、これは中核となる決済ソリューションを超えてサービスを拡大するという同社の意図を浮き彫りにしている。

これらの買収は、HSBC、BBVA、Zodia Custodyなどの金融機関との提携と並行して、世界のブロックチェーンおよび仮想通貨市場における関連性と競争力を維持するためのリップルの取り組みの一環である。

リップルは、決済と保管サービスの両方に注力することで、世界中の幅広い規制管轄区域と決済ルートに対応しようとしています。

2024-02-13 22:21