リップルのトークン化に対するビジョン。暗号通貨にとっての意味

3 部構成の Insights シリーズで、リップルはトークン化の大きなビジョンを明らかにします。それによると、リップル社の最近の世界調査に参加した1,700人以上の金融リーダーのうち72%が、今後3年以内にトークン化を検討し、イノベーションの基礎としてのテクノロジーの地位を固めると予想しているという。

トークン化への関心とその使用の増加は、ブロックチェーン技術が提供する数多くの利点に遡る可能性があります。

トークン化は、透明性の向上とアクセシビリティの向上を約束し、金融の未来を再構築しています。

トークン化シリーズの第 2 部では、企業がどのようにして価値を解放し、進化するデジタル資産環境を乗り切るかを詳しく説明します。

— リップル (@Ripple) 2024 年 2 月 13 日

トークン化は、金融資産や不動産から所有権、イベントの発券、カーボンクレジットに至るまで、管理の容易化、アクセシビリティの向上、流動性の向上を通じて企業の収益の最大化を支援すると予測されています。

トークン化は、従来の参入ハードルを下げ、コストや資産価格を削減し、地理的制限を取り除くことにより、資産クラスへのアクセスを増やすこともできます。

企業は、ブロックチェーン上のトークン化された資産によってもたらされる、トランザクションの迅速化、管理手数料の削減、コストの削減などの運用上のメリットからも恩恵を受けることができます。

リップルは例として XRP Ledger (XRPL) を使用します。これは金融ユースケース向けに特別に設計された分散型パブリック ブロックチェーンで、10 年以上にわたって 26 億を超えるトランザクションをリアルタイムで決済することができました。

リップル社によると、トークン化の利点は、トークン化された資産の市場がより流動化し、強力な流通市場が存在する場合にのみ実現されます。

リップルはパートナー企業を通じてすでにトークン化の世界に足を踏み入れている。たとえば、リップルのパートナーであるタローは炭素クレジットをトークン化しているため、データはブロックチェーン上で移動、管理、記録されます。

2023年11月、HSBCはリップル傘下のメタコと協力して、トークン化された証券やトークン化された金への投資を計画している機関顧客向けのデジタル資産保管サービスを開発すると発表した。

リップル社の最高技術責任者(CTO)デビッド・シュワルツ氏は、2024年にはリアルワールドアセット(RWA)のトークン化がブロックチェーン経済を推進し、不動産と商品が主導権を握ると予測している。彼は、XRP Ledger 上のトークン化された RWA は、担保付きローンを強化し、相互運用性を改善し、機関導入を促し、金融セクターを再構築すると予測しています。

2024-02-13 17:15