価格が急騰しているビットコインは良い投資ですか?また。

トレーダーらが先月行き詰まっていたゾーンからデジタル資産を押し出そうとする中、ビットコインとその他の仮想通貨は月曜日に上昇し、「ビットコインは良い投資なのか?」という疑問への答えが得られた。

さらに、重要なマクロ経済イベントが数日以内に針路を変える可能性があります。

ビットコインの価格は過去24時間で3%上昇し、2万7250ドルを超え、最大のデジタル通貨が8月中旬以来取引されている最高値である2万6000ドルを超えた。この動きは、記録的な低ボラティリティと取引量に悩まされてきたビットコインにとっての勝利を意味する。どちらも仮想通貨市場への関心が薄れていることを示す指標だ。

8月の最初の2週間にビットコインが30日間ベースで過去最低のボラティリティを記録したことを受け、デジタル資産会社ファインキアのアナリスト、マッテオ・グレコ氏は、ビットコインのボラティリティは、8月の最初の2週間で再び上昇するだろうと予測している。夏になり、通常の取引活動が再開されます。

仮想通貨で最も流動性の高い永久先物市場では、トレーダーがビットコインに楽観的な賭けを急いでいる。コイングラスの統計によると、世界最大のビットコイン先物市場を誇るバイナンスの建玉(アクティブなデリバティブ契約に閉じ込められた資金)は、過去24時間で14%増加して26億ドル以上となり、ポジションが不釣り合いに強気に偏っている。

より一般的には、株式市場のダウ工業株30種平均やS&P500と同様に、今週近づく連邦準備理事会の決定が今週の仮想通貨の価値に影響を与えると予想されている。

FRBが水曜日に次の決定を下す際には金利据え置きが大方予想されており、投資家は11月に追加利上げが可能かどうかについて中銀からの手がかりを求めている。

FRBがインフレ抑制に努める中、昨年以来借入コストが世代最高値に上昇し、リスクのない現金の収益が大きくなるとビットコインのようなリスクの高い賭けへの需要が減る傾向にあるため、仮想通貨と株式の両方に大きな圧力をかけている。

FRBが利上げを終了し、来年利下げを開始する可能性があるという兆候は、トレーダーがよりリスクの高い資産に殺到し始めれば、ビットコインの最近の上昇を加速させる可能性がある。そしてそれが仮想通貨がマンネリから抜け出すために必要な推進力になるかもしれない。

「ビットコインは良い投資ですか?」最近、何人かの投資家がこの話題について声を上げています。もう答えは出ていると思います。

ビットコインを超えて、2番目に大きい仮想通貨であるイーサは2%上昇して1,650ドルとなった。小型トークン(アルトコイン)は好調で、カルダノとポリゴンは2%近く上昇した。ドージコインと柴犬はミームコインでそれぞれ1%未満の上昇となった。

2023-09-19 18:06