弁護士らが憲法修正第1条の問題を推進する中、判事らはサム・バンクマン・フリード氏の早期釈放を検討:レポート

ニューヨークの第2巡回控訴裁判所の3人の裁判官からなる委員会は、サム・バンクマン・フリードの弁護士からの早期釈放の要請を検討すると伝えられている。

米国第二巡回区控訴裁判所の3人の裁判官からなる合議体は、10月の裁判に先立って同氏の釈放を検討する際のアドバイスを受けて、元FTX CEOのサム・バンクマン・フリード氏(SBF)を代理する弁護士から弁論を受け入れたと伝えられている。

SBFの弁護団と連邦検事局は、9月19日に裁判官団の前でそれぞれ約5分間の弁論時間を与えられた。伝えられるところによると、裁判官の1人は、バンクマン・フリードの主張に基づいて、SBFの弁護団による合衆国憲法修正第1条の議論は「もはや効力を持たない」と主張したという。アラメダ・リサーチの元最高経営責任者(CEO)キャロライン・エリソン氏を含む証人を脅迫しようとしている。

バンクマン・フリードの代理人弁護士は、裁判に備えてインターネットにアクセスする必要があるとして釈放を求め、また、合衆国地方裁判所が憲法修正第1条に基づく釈放の主張を却下したのは「誤りだった」と主張した。バンクマン・フリード氏は以前、エリソン氏の個人日記をニューヨーク・タイムズ記者に公開し、その結果その内容の一部が公開されたことを認めた。

伝えられるところによると、ダニエル・サスーン連邦検事補は、SBFがブルックリンのメトロポリタン拘置所に監禁されている間に「インターネットに関していくつかの問題があった」ことを認めたが、訴訟を準備する時間はあったと示唆した。

サスーン氏は「エリソン氏の事件は公正な裁判を妨害する意図を示している」と述べた。 「合衆国憲法修正第1条は何の関係もないと判事が言ったのは正しかった。改ざんだった。弁護士は、その内容がエリソンさんに不利な立場を与えたことに異論はない。」

バンクマン・フリード被告は、自身の服役期間が合衆国憲法修正第1条の権利を侵害し、10月3日に始まる予定の裁判に適切に備える能力を損なったと主張している。裁判官は、9月6日に釈放を求める弁護士の最初の訴えを却下したため、 3人の審査員パネルに移ります。元FTX CEOの釈放に関して委員会がいつ決定を下すかは不明であり、おそらく裁判に先立って釈放される最後の機会の1つとなるだろう。

10月の裁判は、FTX元CEOにとって2回行われる裁判のうちの最初の裁判となる。最初の裁判では、仮想通貨取引所FTXとアラメダでのユーザー資金の管理に関連した7件の詐欺容疑が扱われる。 2回目の公判は2024年3月に開始される予定で、追加の刑事告発5件が扱われる。

2023-09-19 19:14